東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

車内放置死で3人書類送検 上尾・障害者施設 業過致死容疑

 埼玉県上尾市の障害者支援施設「コスモス・アース」(生活介護とさきに改称)で昨年七月、男性利用者(19)が送迎用ワゴン車内に約六時間放置され熱中症で死亡した事故で、県警は二十二日、業務上過失致死容疑で運転手と職員の男性計三人を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。

 三人は男性の不在に気付くべきだったのに、安否確認を怠った疑いが持たれている。施設元管理者の大塚健司被告(75)=強制わいせつ罪で公判中=については、事故を予見できなかったとして立件を見送った。

 県警などによると、男性は昨年七月十三日午前九時ごろ、送迎車で施設到着後に一人だけ車内に残された。

 約六時間後、後部座席で倒れているのを運転手が見つけた。男性には知的障害があった。

 運転手は「降りたと思っていた」と説明。不在に気付いた職員もいたが、捜したり保護者に連絡したりしなかった。

 大塚被告は、事故当日に施設内で女性職員の体を触ったとして逮捕、起訴された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報