東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

iPS論文捏造、改ざん 京大研助教 脳、構造体作製の図

 京都大は二十二日、京大iPS細胞研究所の山水康平(やまみずこうへい)特定拠点助教(36)の論文に捏造(ねつぞう)と改ざんがあったと発表した。人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って脳の構造体を作ったとの論文で、主要な図六点全てに不正があった。山中伸弥所長は京大で記者会見し「非常に強い後悔、反省をしている。心よりおわび申し上げる」と謝罪。再生医療分野で世界的に注目される同研究所での研究不正発覚は初めて。 

 大学調査に山水氏は「論文の見栄えを良くしたかった」と説明したという。今後、山水氏らを処分する。山中所長は所長を辞職するかに関し「その可能性も含め、どういう形が一番良いのか検討したい」と話した。

 論文は昨年二月、米科学誌ステム・セル・リポーツに掲載された。血中に含まれた薬物や有害物質が脳に入るのを防ぐ「血液脳関門」の機能を持つ構造体を、iPS細胞を使って体外で作ることに成功し、アルツハイマー病の治療にも役立つ可能性があるとしていた。

 京大は内部の指摘で、昨年九月〜今年一月に調査。グラフが再現できないことや補足図五点にも不正があることが判明。作製したとする構造体も論文通りのものはできていなかったとした。「根幹をなす部分で、重要なポイントで有利な方向に操作されており、結論に大きな影響を与えている」として米科学誌に論文撤回を求めた。山水氏が一人で不正をしたと確認、同氏の他の論文も調べている。

 理化学研究所などが取り組む、人のiPS細胞から作った網膜の細胞を使った臨床研究や開始予定の研究に影響はないとしている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報