東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

大雪、都心23センチ 帰宅の足を直撃

雪が積もったスクランブル交差点を歩く人たち=22日午後7時23分、東京都渋谷区で(池田まみ撮影)

写真

 日本列島南岸を進む低気圧の影響で、首都圏では二十二日昼ごろから大雪となり、列車の運休や遅れが相次ぐなど、交通機関に大きな乱れが出た。降雪のピークが帰宅時間帯と重なり、複数の駅で入場規制が実施された。二十三日にかけても雪が予想され、気象庁は注意を呼び掛けている。 

 東京都心では、二〇一四年二月以来四年ぶりに積雪が二〇センチを超えた。凍結した道路でのスリップ事故や歩行者の転倒も相次いだ。

 都心の私鉄では、京浜急行電鉄の品川、東急電鉄渋谷、西武鉄道の池袋、高田馬場、西武新宿の各駅で入場が規制された。京急によると、列車の本数が減ったことと、早めに帰宅する利用客が集中したためとみられる。

 小田急電鉄は午後から特急の運転を全て取りやめ、東武鉄道も多くの特急が運休となった。

 JR東日本によると、山手線、京浜東北線、東海道線、東北線(宇都宮線)など首都圏の大半の路線で本数を減らして運転。中央線や常磐線、総武線の大半の特急を運休にした。

 東京湾にかかるレインボーブリッジの一般道は、追突やスリップ事故が数件起きたため、午後六時四十分から閉鎖され、車数十台が一時取り残された。

 警視庁によると、スリップ事故などは都内で六百件以上起きた。東京消防庁によると、転倒によるけが人は六十人を超えた。

 気象庁によると、二十二日昼ごろに東京や神奈川、埼玉などの平野部で雪が降り始め、夕方に積雪を記録。午後十時現在の積雪は、東京都心で二三センチ、横浜市で一八センチ、埼玉県熊谷市で一八センチに達した。

 航空各社によると、日航や全日空などが羽田発着便を中心に、国内線、国際線合わせて三百便以上を欠航にした。二十三日も仙台発着などで欠航が決まっている便がある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】