東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

大林組社長辞任へ リニア談合事件引責か

大林組の白石達社長

写真

 大林組は二十三日、リニア中央新幹線工事の談合事件を受け、白石達社長(70)が退任すると発表した。後任には蓮輪賢治取締役専務執行役員(64)を充てる。三月一日付。大林組は談合事件を巡って当局から捜査を受けており、事実上の引責辞任とみられる。

 大林組は二十三日午後、白石社長が東京都内で記者会見を開いて詳細を説明する。石井啓一国土交通相は二十三日の閣議後の記者会見で「民間会社の人事でコメントは差し控える」と述べた。

 白石社長は六月下旬の株主総会で取締役も退任し、相談役に就く。

 リニア中央新幹線の工事を巡っては、東京地検特捜部が昨年十二月、リニア中央新幹線の「名城非常口」新設工事(名古屋市)の入札に不正があったとして、偽計業務妨害容疑で大林組本社を家宅捜索した。

 また他の工事も含めて入札前に受注調整していた疑いが強まり、昨年十二月に東京地検特捜部と公正取引委員会が、独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで大林組を含む大手四社を捜索している。

<蓮輪 賢治氏(はすわ・けんじ)> 阪大卒。77年大林組。取締役を経て16年4月から取締役専務執行役員。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報