東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

草津白根山噴火1人死亡 陸自訓練中に噴石

立ち込める噴煙と飛んできた噴石(手前)=23日、群馬県草津町で(山崎隆さん提供)

写真

 二十三日午前九時五十九分ごろ、草津白根山(しらねさん)の本白根山(群馬県草津町、二、一七一メートル)が噴火した。政府や群馬県災害対策本部によると、山頂付近から麓に広がる草津国際スキー場で、噴石などによって一人が死亡し、十一人が重軽傷を負った。草津白根山で噴火が確認されるのは一九八三年以来となる。

 死傷者については、陸上自衛隊が、スキー場で訓練中だった男性陸曹長(49)が死亡したと明らかにした。ほかの隊員七人も負傷し、うち二人は重体で緊急手術を受けた。いずれも噴石による被害とみている。

 地元消防によると、ほかの負傷者四人はスキー客らで、ロープウエーのゴンドラに噴石が当たって割れたガラスなどにより、けがをした人もいる。山頂駅のレストランの屋根も、噴石で突き破られたとしており、警察などが当時の詳しい状況を調べている。

 スキー場では、ロープウエーへの送電が止まって停止したことから、山頂駅のレストランに一時、約八十人のスキー客らが避難した。この中には台湾や英国から訪れた観光客も約二十人いて、自衛隊がヘリコプターで麓の駐車場に運ぶなど、警察や消防とともに救助した。

 陸自によると、死亡した男性陸曹長は相馬原(そうまがはら)駐屯地(群馬県)に司令部を置く第一二旅団に所属。スキー場で約三十人がスキー訓練をしていた際、八人が巻き込まれた。負傷者七人のうち、重体二人と骨折などの重傷三人が男性で、軽傷が男女一人ずつ。訓練予定だったコースが雪崩の危険で閉鎖されていたため、別のコースを滑り始めたときに噴火が発生したという。

 気象庁によると、噴火は午前九時五十九分ごろ、本白根山の鏡池付近で発生した。火口周辺警報を発表した同庁は、噴火警戒レベルを3(入山規制)に引き上げ、鏡池付近から二キロの範囲では飛散する大きな噴石などに警戒するよう呼び掛けた。

 東京電力によると、スキー場周辺では、停電も起きた。草津町が設置したカメラによるスキー場を写した動画では、黒煙とともに噴石のような複数の物体が落下していることが分かるほか、斜面を雪が流れ落ちているような様子も確認することができる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報