東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

大林組社長 辞任表明 「体制一新」引責は否定

記者会見する大林組の白石達社長=23日、東京都港区で

写真

 リニア中央新幹線の建設工事を巡る談合事件で、東京地検特捜部などから捜査を受けている大手ゼネコンの大林組は二十三日、白石達(とおる)社長(70)が三月一日付で辞任すると発表した。白石社長は東京都内で会見し、退任理由について「捜査を受けている状況を踏まえ、法令順守の強化や事実解明のため、早期に経営体制を一新する」と説明。引責辞任は否定した。

 白石社長は「捜査を受ける事態になったことは誠に遺憾。世間をお騒がせしていることをおわびしたい」と陳謝。記者団からの「引責辞任か」との問いには「経営体制一新のため」と繰り返した。大林組は捜査当局に談合を認めているとみられるが、談合の関与について「捜査中」を理由に回答を避けた。

 白石氏は二〇〇七年、大林組が大阪府枚方市の官製談合事件で顧問らが逮捕されたことを受け、社長に昇格した。二代続けて社長が談合事件に絡んで辞任する事態に発展した。

 後任には蓮輪(はすわ)賢治・専務執行役員(64)が昇格する。二月中旬にも経営陣の新体制を発表する。白石社長は六月下旬の株主総会で相談役に退く。リニア工事での受注調整にかかわったとみられている土木部門のトップ、土屋幸三郎副社長(66)も、捜査を受けたことを理由に二十三日付で辞任した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報