東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

噴火一夜 ゲレンデ閑散 草津白根山、規制外2カ所営業

麓の一部で営業を始めた草津国際スキー場で、ゲレンデに向かうスキー客=24日午前9時18分、群馬県草津町で

写真

 十二人が死傷した草津白根(しらね)山の本白根(もとしらね)山(群馬県草津町、二、一七一メートル)の噴火から一夜明けた二十四日、山頂付近から麓に広がる草津国際スキー場は、四カ所のゲレンデのうち、入山規制区域(半径二キロ)の外側にある天狗(てんぐ)山、御成(おなり)山の二つのゲレンデの営業を再開した。ただ訪れたスキーヤーらはまばらで、ゲレンデは閑散としていた。 (唐沢裕亮、谷岡聖史)

 「天狗山ゲレンデは白根から距離があるので大丈夫でしょう」。草津町の会社員山田春貴さん(30)は、仕事が休みのこの日、午前八時半ごろからスキーを滑り始めた。ただ「子どもも『滑りたい』と言ったが、何かあった時に守れるか分からないので一人で来た」と一抹の不安も口にした。

 数日前から同スキー場を訪れているという東京都江東区の女性(52)は「ここが閉鎖されていたら、軽井沢のスキー場に行く予定だった。(四年前の)御嶽山(おんたけさん)(長野・岐阜県)の噴火も記憶にあるので、慎重にはなっているが、ここまで噴石は飛んでこないだろう」と話した。

 同スキー場では、入山規制区域内にあり、噴火した本白根山の直近に位置する本白根ゲレンデと、規制区域のやや外に位置する青葉山ゲレンデは閉鎖されたまま。一方、規制区域外にあり、噴火地点から五キロほど離れた天狗山、御成山の二つのゲレンデで営業再開を決めたという。

 草津国際スキー場を運営する草津観光公社によると、昨日夕方に黒岩信忠町長と協議したといい、長井英二社長は「(二つのゲレンデは)十分に安全だと判断した」と説明した。

 同スキー場は一九一四(大正三)年開業。四八(昭和二十三)年に国内初のスキーリフトが設置され、幼少時から練習に通っていた荻原健司さん、次晴さん兄弟(同町出身)が九〇年代の冬季五輪ノルディック複合で活躍するなど、国内スキー界の歴史に名を刻んできた。

 長井社長は安全性を強調したが、「風評被害は想像がつかない。スキーヤーは相当減るだろう」と懸念。「二月の三連休には一万五千人程度を見込んでいたが、残念だ」と話した。

 閉鎖されている本白根ゲレンデと青葉山ゲレンデの営業再開は未定だ。「安全安心が一番大切。専門家の意見を聞いて今後のあり方を決めたい」と話した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報