東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

草津白根山 火山性微動続く 専門家調査「水蒸気噴火」

 十二人が死傷した草津白根(しらね)山の本白根(もとしらね)山(群馬県草津町、二、一七一メートル)の噴火で、現地で観測している専門家は二十四日、地下水がマグマの熱で水蒸気となって爆発する水蒸気噴火だったとの見方を示した。噴火地点に近い草津国際スキー場のゲレンデは噴石であちこちが陥没し、滑れない状態になっていたことが判明。気象庁や国土交通省が詳しく調べている。 

 気象庁によると同日午前、火山性微動が二回観測された。火山性微動は噴火とともに観測される場合もあり、再度の噴火に警戒するよう呼び掛けている。

 噴火は二十三日午前九時五十九分ごろ、本白根山の鏡池付近で発生。麓の同スキー場で雪上訓練中だった陸上自衛隊第一二旅団に所属する男性陸曹長(49)が死亡し、他の隊員七人とスキー客ら四人の計十一人も重軽傷を負った。群馬県によると、男性陸曹長の死因は背中への噴石強打による出血性ショック。負傷者も噴石による被害とみられる。

 東京工業大の野上健治教授によると、二十三日の噴火直後に山頂付近で火山灰がゴンドラに吹き付けられている様子などを確認。状況から水蒸気噴火と判断したという。

 一方、負傷者らの救助に当たった群馬県の吾妻広域消防本部によると、噴石によるゲレンデの穴が深かったほか灰もひどく、ゲレンデが覆われ灰色になっていた。

 気象庁によると、草津白根山では、火山性地震が噴火直後の二十三日午前十時から午後三時までの五時間で四百八回に達した。徐々に減少し、二十四日午前零時から十一時は五回だった。

 国交省は二十四日午前、専門家三人を派遣し、上空からヘリコプターで降灰状況や泥流の危険性の有無を調査。群馬県警や地元消防なども現場で状況を確認し、他に被害者がいないか調べた。火山性微動で県警などの調査は中断した。

 草津町は二十四日午後、防災会議協議会の分科会を開き、火山学者などを交え、今後の対応などを協議する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報