東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

力士傷害事件を公表せず 春日野部屋、16年有罪確定

春日野親方

写真

 大相撲の春日野部屋に所属していた力士(23)が弟弟子(22)の顔を殴って傷害罪で起訴され、二〇一六年六月に懲役三年、執行猶予四年の有罪判決が確定していたことが二十四日、関係者への取材で分かった。同年三月、日本相撲協会理事に就任した春日野親方(元関脇栃乃和歌)は事件を公表していない。元横綱日馬富士暴行事件に揺れる角界の体質が改めて問われそうだ。

 春日野親方は現在も相撲協会理事で、広報部長として情報発信も担っている。共同通信の取材に「(力士は)辞めてますから」と述べ、公表する必要はないとの考えを示した。

 相撲協会は春日野部屋側から報告を受けたとしているが、時期や詳しい内容は明らかにしていない。

 弟弟子は顎を骨折して味覚消失などの後遺症を負い引退。「若手力士の間では他にも暴力事件があると思う。協会は隠さないで公表してほしい」と訴えている。

 加害者の元力士は取材に応じ「殴ったことは悪かった。自分自身の問題で部屋が悪いわけではない。(事件のことを)話すなと言われたことはない」と話した。

 関係者の証言などによると、弟弟子を暴行したのは一三年に新弟子検査に合格し、一五年七月の名古屋場所を最後に引退した福岡市出身の元力士。一四年九月五日夜、七カ月前に入門したばかりの弟弟子=千葉県=の顔を拳で殴ったり、腹を蹴ったりした。

 弟弟子は全治一年六カ月と診断された。弟弟子側は一四年十月、元力士を警視庁に刑事告訴。書類送検を受けた東京地検が傷害罪で起訴し、東京地裁が一六年六月に有罪判決を言い渡し、確定した。必要な治療を受けさせなかったとして、春日野親方も保護責任者遺棄容疑で告訴したが、不起訴処分となった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報