東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

春日野親方「北の湖理事長に暴行報告」 協会「個人情報非公表」

部屋を出る春日野親方=25日午前、東京都墨田区で

写真

 大相撲春日野部屋の傷害事件で、被害者の元力士矢作嵐さん(22)の師匠だった春日野親方(元関脇栃乃和歌)は二十五日、東京都墨田区の両国国技館で取材に応じ、二〇一四年九月の事件発生後に当時の日本相撲協会の北の湖理事長(元横綱=故人)らに報告したことを明らかにし「警察の捜査にも全面的に協力した。隠し立てはしていません」と自身の隠蔽(いんぺい)を否定した。

 事件後に、けがを負った矢作さんに国技館内の相撲診療所などで治療を受けさせた経緯も説明。加害者の元力士(24)は書類送検された後に、「辞めると言ってきて辞めた。部屋に迷惑をかけたくないと話していた」と明かした。

 相撲協会の担当者は、これまで非公表だった理由について、矢作さんと加害者の元力士が一六年六月の有罪確定時点で引退していたため「協会員ではない方の判決で、個人情報の観点からも取り立てて公表するものではない」と説明した。

 春日野親方は、北の湖理事長らに報告した時期に関しては「(事件後)三カ月とか半年ではない、そんなにかからずに(報告した)」と主張。理事長のほか、当時の危機管理担当顧問と広報部長だった出来山親方(元関脇出羽の花)に伝えたとした。

 元力士は弟弟子だった矢作さんの顔を殴って傷害罪で起訴され、懲役三年、執行猶予四年の有罪判決が確定していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報