東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

インフル患者 過去最多 厚労省推計 1週間で283万人受診

写真

 厚生労働省は二十六日、全国五千の定点医療機関から二十一日までの一週間に報告されたインフルエンザ患者数が一医療機関当たり五一・九三人となり、統計を取り始めた一九九九年以降で過去最多となったと発表した。医療機関を受診した患者数は推計で約二百八十三万人に上った。

 医療機関当たり患者数は前週の二六・四四人から倍増し、大流行していることを示す「警報」レベルの三十人を上回った。前年同時期の二八・六六人と比べても大幅に多い。加藤勝信厚労相は会見で「外出後の手洗いやせきエチケットなど、さまざまな予防策に努めてほしい」と訴えた。

 直近五週間に検出されたウイルスは、二〇〇九年に新型として流行したA型とB型が同程度。通常二月に増え始めるB型が急増しているのが特徴。

 都道府県別では鹿児島県が一医療機関当たり八六・五三人と最多で、宮崎県(八四・九七人)、福岡県(八三・九九人)と続いた。東京都は四九・六七人、神奈川県は五四・四九人。

 年齢別の患者数を推計すると、五〜九歳が約五十九万人で最も多く、十代が約四十万人、四十代が約二十九万人、〇〜四歳が約二十七万人と若い世代が多かった。小中学校を中心に休校や学級閉鎖も相次ぎ、休校は百八、学級閉鎖は五千七百三十七に上った。

 今季はワクチンの製造開始が遅れ、厚労省は十三歳以上の接種回数を一回にすることの徹底を呼び掛けた。加藤厚労相は、現状で供給量は昨年の使用量を上回っているものの「一部の地域で滞りがあったことは事実」として「株選定プロセスの見直しや、製造量の予想精度の向上など総合的な対策を講じたい」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】