東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「はれのひ」破産 負債額10億円 社長が謝罪会見

記者会見で謝罪する晴れ着の販売・レンタル業「はれのひ」の篠崎洋一郎社長=26日夜、横浜市中区で(隈崎稔樹撮影)

写真

 振り袖販売・レンタル業「はれのひ」(横浜市中区)が成人式当日に突然営業を停止した問題で、行方が分からなくなっていた同社の篠崎洋一郎社長(55)が二十六日夜、横浜市内で記者会見した。「一生に一度の成人式を台無しにし、取り返しのつかない事態になった責任は私にある。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 また、横浜地裁は同日、破産手続きの開始を決定。同社の代理人弁護士によると、負債総額は約六億三千五百万円に上る。債権者は約千六百人で、このうち約千三百人が顧客。最終的な負債額は十億円に達する見通し。振り袖約千二百着が社内に保管されているのを確認したとし、地裁に選任された破産管財人が顧客に返還する手続きを始めた。

 会見で篠崎社長は、成人式の日に事業停止した理由を「いろんな方面と最後まで交渉していた。ぎりぎりまで何とかしたいという思いがあったが、成人式当日の着付け費用を支払うめどが立たなかった」と説明。着物を第三者に転売したこともないと主張した。

 経営状況については二〇一六年九月期に大幅赤字に、昨年四月には取引先への支払いが滞って同十二月に銀行から融資を断られたと認めた。しかし、「売り上げを増やして最後まで成人式をやろうと思っていた」と話し、報道陣から「詐欺ではないか」と尋ねられても「だますつもりはなかった」と否定した。

 はれのひを巡っては、神奈川県警や警視庁に着物の購入者から多数の相談が寄せられており、同県警などが詐欺容疑に当たらないか調べている。従業員に賃金を支払えず、昨年八〜十二月に五回、横浜南労働基準監督署から是正勧告を受けたことも判明している。

 破産管財人によると、着物の購入者や取引業者には今後の方針を記した通知をすでに送っており、今年の成人式のために着物を購入した人には二十九日から返却し、来年以降の成人式のための購入者にも順次返却する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報