東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

地域再生準大賞に豊島の団体

 地域づくりに挑む団体を支援しようと、地方新聞四十六紙と共同通信が設けた「第八回地域再生大賞」が二十七日決まった。大賞(副賞百万円)は、主婦らが農産物の加工・販売に取り組む「陽気な母さんの店」(秋田)に、準大賞(同三十万円)には地域で子育てを支援する「豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」(東京)と、若者の起業を後押しする「おっちラボ」(島根)を選んだ。

 若者が新たな漁業の姿を目指す「フィッシャーマン・ジャパン」(宮城)は、特設の奨励賞(同二十万円)に決まった。二月九日に都内で表彰式・シンポジウムを行う。

 地域のモデルとなる活動に贈るブロック賞(同十万円)は「ふらっとステーション・ドリーム」(神奈川)など六団体に決定。

 特色ある取り組みを評価した特別賞(同十万円)には「里山くらしLABO」(静岡)など三団体を選んだ。そのほか残る三十七団体は、優秀賞を贈ることが決まった。

     ◇

 準大賞となった「豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」(東京)は子ども食堂の草分け。講演会や食材の分かち合いを進める一方、放課後に勉強を教えるなど子どもの居場所づくりの活動は、子育て支援の新たなモデルになった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報