東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

大宅文庫、紙でも検索 人物索引20年ぶりに刊行

大宅壮一文庫が20年ぶりに紙媒体で発刊する「雑誌記事人物索引」=東京都世田谷区の大宅壮一文庫で

写真

 雑誌専門図書館「大宅壮一文庫」(東京都世田谷区)は来月、所蔵する雑誌の記事を人名から探すための索引集を二十年ぶりに刊行する。データベース化した索引の利用は、しばらくウェブ検索に限っていたが、紙ならではの使いやすさを求める利用者の声に応えた。注文を受けてから印刷・製本するオンデマンド方式を利用する。

 「大宅壮一文庫 雑誌記事人物索引」は、二〇一四〜一六年の三版がある。それぞれの年ごとに、約三百タイトルの雑誌に載った一万七千人分の記事の見出しが掲載されている。

 大宅文庫では、雑誌を職員が読み込み、さまざまなキーワードで記事を分類し、索引を作っている。調べたい記事をすぐ見つけ出すための工夫で、人名は分類の大きな柱。二〇一五年三月現在、人名索引の総数は約十四万人分に上る。

 紙の人名索引集は明治時代から一九九五年分までは刊行済み。九二〜二〇〇八年分はCD−ROMでも出した。

 一年分ごとにまとめた索引からは「時の人」が見えてくる。一四年、一五年の収録件数トップは作家の佐藤優さん。一六年の一位はトランプ米大統領、二位はこの年に解散したSMAPで、いずれも過去二年は上位三十位までに入っていなかった。

 編集担当の平澤昇事務局次長は「他にはない、世相を反映した目録といえる。CD−ROMは記録媒体が変わると使えなくなる。基本の紙に立ち返ろうと思った」と話す。未刊行の過去分や一七年以降分の発刊も検討していく。

 発行元は日外アソシエーツ。大宅文庫は売り上げの四割を受け取る。一四〜一六年版とも上下二巻セットで、九万六千円(税抜き)。注文は日外アソシエーツ=電03(3763)5241=へ。 (神谷円香)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報