東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

仮想通貨入手目的でウイルス作成容疑 愛知県警、高3逮捕

 仮想通貨「モナコイン」を不正入手するためのコンピューターウイルスを作成するなどしたとして、愛知県警は三十日、不正指令電磁的記録作成・同供用の疑いで、大阪府貝塚市の高校三年の男子生徒(17)を逮捕した。

 県警によると、昨年十月中旬にウイルスをダウンロードした東京都江戸川区の男性会社員(31)の口座から、当時のレートで約一万五千円相当のモナコインが勝手に引き出されており、県警が関連を調べている。男子生徒は「意図してやったわけではない」と容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は昨年十月十日ごろ、「ウォレット」と呼ばれる個人のコイン用口座からモナコインを引き出すのに必要なキーを不正入手できるウイルスを自宅で作成。モナコイン利用者向けの掲示板に投稿し、不特定多数の人がダウンロードできる状態にしたとされる。

 モナコインは日本でつくられた仮想通貨で、二〇一三年末に公開。インターネット上での買い物などに使うことができ、三十日午前零時現在で時価総額は約七百四億円。

 ウイルスは、モナコインのレートを確認できるプログラムに仕込まれており、感染すると個人のキーが閲覧されてしまう。男子生徒はこのプログラムをダウンロードさせるために掲示板に投稿したとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報