東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

新名所に赤い月 皆既月食

東京ミッドタウン日比谷の上空で観測された皆既月食=31日午後10時19分、東京都千代田区で(岩本旭人撮影)

写真

 月が地球の影にすっぽりと入る皆既月食が三十一日夜、三年ぶりに日本で起きた。東京都内では午後十時前に皆既状態になると、赤銅色(しゃくどういろ)にほのかに光る月が見られた。

 今回は月が地球の影の中心近くを通ったため、皆既状態が一時間以上続いた。月は普段より地球に近い位置にあって大きく見える「スーパームーン」の状態。一カ月間に二回目の満月となる「ブルームーン」でもあった。

 次回、関東地方で皆既月食が観測できるのは七月二十八日。明け方に皆既のまま沈むため、観測条件は悪い。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報