東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

火災で高齢者ら11人死亡 札幌の生活保護者支援施設

火災で激しく炎が上がる自立支援施設「そしあるハイム」=1日午前0時ごろ、札幌市東区で(近隣住民提供)

写真

 一月三十一日午後十一時四十分ごろ、札幌市東区北一七条東一にある生活保護受給者の自立支援施設「そしあるハイム」から出火、木造一部三階建て約四百平方メートルを全焼し、四十〜八十代の入居者十六人のうち男性八人、女性三人の計十一人が死亡した。道警が身元確認を急いでいる。大半が高齢者で、身寄りがなく介護を必要とする人もいたという。

 札幌市消防局によると、十一人のうち七人は一階で、四人は二階でそれぞれ見つかった。一階の中央部分が激しく燃えていた。築五十年近いとみられ、建物の老朽化と、ここ数日の気温低下に伴う空気の乾燥が被害拡大に影響した可能性を挙げた。道警と消防は一日午前、実況見分を開始。出火原因を調べている。

 残る五人は男性四人、女性一人で、うち三人は気道のやけどなどを負ったが、命に別条はない。

 道警や施設関係者によると、そしあるハイムは生活困窮者の自立支援に取り組む同市北区の合同会社「なんもさサポート」が運営。旅館だった建物を借りて二〇〇四年に下宿に用途を変更し、新たな住居や就職先が見つかるまで一時的に高齢者らを受け入れていた。家族がおらず、一人で食事や入浴ができない人もいた。札幌市によると、入居者十六人のうち十三人が生活保護を受給していた。

写真

 なんもさサポートの藤本典良(のりよし)代表によると、入居者は生活保護費などから入居費として月三万六千円を払う仕組み。施設は一階と二階に石油ファンヒーター付きの六畳個室が計十六部屋あり、一人で一部屋ずつ利用していた。風呂やトイレ、台所などは共用で、三階は物置だった。昼間は施設に職員が常駐しているが、夜間は不在だった。三十一日は午後五時ごろまで職員二人がいたという。藤本代表は、各部屋に火災報知機があったがスプリンクラーは設置していなかったと説明。報道陣に対し「入居者の方々に本当に申し訳ない気持ちだ」と話した。

 総務省消防庁は一日、火災原因を調査するため、職員ら計七人を現地に派遣した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報