東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

歩道に重機 女児死亡 聴覚支援校児童ら負傷

重機が歩道に突っ込んだ現場付近を調べる捜査員ら=1日午後、大阪市生野区で

写真

 一日午後三時五十五分ごろ、大阪市生野区桃谷一、大阪府立生野聴覚支援学校近くの歩道にショベルカーが突っ込み、下校中だった同校小学部の児童ら五人がはねられて病院に搬送され、このうち五年の井出安優香(あゆか)さん(11)=同府豊中市=が死亡した。

 生野署によると、ともに同五年で十一歳の男児と女児、女性教員(45)が腰の骨を折る重傷で、別の女性教員(41)が打撲の軽傷。

 生野署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、ショベルカーを運転していた建設会社社員、佐野拓哉容疑者(35)=大阪市阿倍野区播磨町三=を現行犯逮捕した。今後、過失致死傷容疑に切り替えて調べる。

 児童と下校に付き添っていた教員は、学校の門のすぐ近くの交差点で、横断歩道を渡ろうと信号待ちをしていた。

 佐野容疑者は容疑を認め「信号が赤に変わって止まろうとした際、ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話しており、生野署は運転操作を誤ったとみて当時の状況を調べている。

 ショベルカーは付近で道路の拡幅工事をしており、交差点で止まらずに歩道に乗り上げた。

 杉田宏校長は現場近くで報道陣に「(井出さんは)いつも笑顔で、授業に積極的に参加していた。重機が突っ込んでくるなんて普通は考えられない。亡くなった命は戻らず悔しい」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報