東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

鹿島・大成を再び捜索 特捜部 リニア談合、解明へ

 リニア中央新幹線工事を巡る入札談合事件で、東京地検特捜部は一日、独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で、大手ゼネコン鹿島の本社(東京)と大成建設の本社(同)を家宅捜索した。両社への家宅捜索は昨年十二月にも実施。受注調整を否認しているとみられ、特捜部は全容解明には再度の強制捜査が必要と判断したもようだ。

 鹿島広報室と大成建設広報室は取材に「捜査中なので回答は差し控える」とコメントした。

 特捜部などは昨年十二月、二社のほか大林組(同)と清水建設(同)を家宅捜索した。関係者によると、特捜部は、四社が発注前に工事に関する情報を交換し、事前に落札予定社を決めるなど受注調整を行っていたとみて調べている。

 四社は発注前に情報交換したことを認め、大林組と清水建設が課徴金減免制度に基づき公正取引委員会に違反の申告をした一方、鹿島と大成建設は申告を見送り、争う姿勢を示しているとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報