東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

都心、再び積雪

降雪で首都高の山手トンネルが通行止めになり、閉鎖された入り口=2日午前8時18分、東京都渋谷区で(松崎浩一撮影)

写真

 低気圧の影響で、関東甲信では2日、平野部で雪が積もった。羽田発着の空の便に欠航が出たほか、高速道路の一部が通行止めとなった。

 各地の積雪は、東京都心と横浜市で1センチ、東京の多摩地方の多い所で10センチ程度、茨城県つくば市で2センチ、埼玉県熊谷市で6センチ、秩父市で17センチなど。

 日本道路交通情報センターによると、首都高中央環状線が一時通行止めとなった。鉄道では雪の重みで木が線路上に倒れかかった影響で、JRの八高線、青梅線の一部区間で運転を見合わせた。私鉄では西武池袋線に遅れが出た。

 日航によると、羽田発着の便を中心に、国内線30便が欠航した。

 独協大(埼玉県草加市)や学習院女子大(新宿区)などの大学のほか、都内の中学校でも入試の開始時間を繰り下げるなどの対応を取った。

 関東甲信では1月22〜23日に大雪に見舞われ、東京都心で23センチ、横浜市で18センチの積雪を観測した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報