東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

成田山新勝寺で豆まき

 千葉県成田市の成田山新勝寺で三日、毎年恒例の節分会(え)があり、大相撲の横綱白鵬関や稀勢の里関らが、五穀豊穣(ほうじょう)などを願って豆まきをした。

 NHK大河ドラマ「西郷どん」の出演者も参加。豆を手にした千葉県鎌ケ谷市の会社員吉野健司さん(41)は「長男の高校受験を控える中で福をもらえた」と笑顔で話した。

 成田山によると、本尊の不動明王の慈悲は、鬼さえも改心させるとされており、「鬼は外」とは言わず「福は内」だけを繰り返すのが習わし。この日は約六万人の参拝客を見込み、大豆や殻付き落花生計約一・二トンが用意された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報