東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

民家軒先に白骨3遺体 住人と連絡取れず 深谷

ブルーシートに包まれた遺体が3体見つかった民家=埼玉県深谷市で

写真

 五日午前九時十分ごろ、埼玉県深谷市萱場の民家の敷地内で「ブルーシートに包まれた骨を見つけた」と、大家の男性(81)が深谷署に届けた。県警が調べたところ、敷地内に置かれた三つのブルーシートの包みから、それぞれ一体ずつ成人男性とみられる白骨化した遺体が見つかった。県警は、死体遺棄事件として捜査を始めた。

 県警によると、四日午前十時ごろ、大家の男性が敷地内を整理している時に見つけ、五日になって届け出た。

 ブルーシートに包まれた骨には頭蓋骨も含まれていたほか、衣服もあった。いずれも埋められておらず、民家の軒先に置かれていた。

 この家は五十歳代の男性が「一人で暮らす」と話し、昨年から借りていたが、行方が分からなくなっている。男性は今年に入ってから生存が確認されているといい、県警は何らかの事情を知っているとみて、行方を捜している。

 現場はJR深谷駅から北西に約一キロの住宅街。

 近くに住む男性会社員(24)は、昨年夏、現場の民家の玄関先で、二人の男性が十分以上、大声で口論している様子を目撃した。

 昨年まで自治会の役員を務めていた男性(71)によると、行方不明になっている男性は「自治会に入っておらず、近所付き合いもなかった」という。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報