東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

福井大雪 1500台立ち往生 埋もれた車内で1人死亡

車の立ち往生で災害派遣要請を受け、国道8号の除雪作業をする陸上自衛隊員=6日午後、福井県あわら市で(陸上自衛隊第10師団提供)

写真

 北陸地方は六日、記録的な大雪に見舞われた。福井県内の国道8号で車約千五百台が立ち往生し、同日午後、県の災害派遣要請を受け陸上自衛隊が出動、除雪作業に当たった。福井県警などによると、福井市ではエンジンがかかったまま雪に埋もれた車から五十代の男性が心肺停止状態で見つかり、間もなく死亡を確認。一酸化炭素(CO)中毒とみられる。福井、石川、富山の三県では雪下ろし中に屋根から転落するなどして、少なくとも二十七人が重軽傷を負った。

 金沢、福井両地方気象台によると、福井市では六日午後二時現在で一三六センチの積雪を記録。全国で甚大な被害が出た「昭和五十六年豪雪」と呼ばれる一九八一年以来の大雪となった。金沢市では午後七時に積雪七五センチとなり、十七年ぶりの大雪となった。雪は八日ごろまで続く見通し。

 福井県によると、あわら市から坂井市にかけての国道8号で約千五百台が約十キロにわたり立ち往生。大型車の脱輪などによる渋滞や、並走する北陸自動車道の通行止めによる車流入が原因とみられる。陸自は追加派遣も含め計約七百五十人が出動。除雪作業のほか、食料や水など救援物資の配布に当たった。作業は夜通しとなる見込み。

 立ち往生解消の見通しは立っておらず、福井県は体調不良を訴える人の手当てをするため、付近に救護所を設けた。

 JR西日本金沢支社によると、北陸新幹線は金沢−富山の上下線二本が運転を取りやめた。特急は大阪と金沢を結ぶ「サンダーバード」と、名古屋や米原(滋賀県)を結ぶ「しらさぎ」などの上下線計八十八本が終日運休するなど、計百四本が運転を見合わせた。

 七日もサンダーバードやしらさぎなどの運転を終日取りやめることを決めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報