東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

眞子さま結婚延期 再来年に「準備時間ない」

 宮内庁は六日、婚約が内定している秋篠宮家の長女眞子さま(26)と、国際基督教大(ICU)時代の同級生で、都内の法律事務所に勤務する小室圭さん(26)について、結婚式など関係儀式を二〇二〇年まで延期すると発表した。二人は昨年九月に婚約が内定し、三月四日に一般の結納に当たる「納采(のうさい)の儀」で正式婚約し、十一月四日に結婚式を挙げる予定だった。

 眞子さまは六日、宮内庁を通じて自身と小室さんの気持ちをつづった文書を公表された。その中で「結婚までに行う諸行事や結婚後の生活について、充分な準備を行う時間的余裕がないことを認識するようになりました」と説明した。

 また「私たちの結婚に快く協力してくださっている方々に多大なご迷惑とさらなるご負担をおかけすることとなり、大変申し訳なく思っております」と心境を記した。

 延期は眞子さまから天皇、皇后両陛下に報告したとし、「私たち二人の気持ちを尊重してくださいました」と明かした。

 延期時期を二〇年としたのは「これから執り行われる皇室にとって重要な一連のお儀式が滞りなく終了した後」が、適切との判断をしたためという。天皇陛下の退位と皇太子さまの即位に関するさまざまな儀式が、一九年十一月の「大嘗祭(だいじょうさい)」まで続くことを念頭に置いたとみられる。

 昨年十二月以降、複数の週刊誌が小室さんの母親と知人との間に金銭トラブルがあると報じたが、会見した宮内庁の加地隆治宮務主管は「週刊誌報道があったから、というわけではない」と述べ、延期との関連を否定した。 (小松田健一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報