東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

陸自ヘリ墜落、広範囲に部品散乱 主回転翼 空中分解か

写真

 佐賀県神埼(かんざき)市の住宅に陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが墜落した事故で、機体の部品が広範囲に散乱していることが六日分かった。メインローター(主回転翼)が上空でばらばらになったとみられる。飛行前に四枚の羽根をつなぐ部品のメインローターヘッドを初めて交換しており、陸自は整備不良が原因となった可能性もあるとみて点検の経緯を詳しく調べる。同日、機体下で見つかった遺体は機長の操縦士斉藤謙一二等陸佐(43)と確認され、死亡者は二人となった。 

 墜落現場から東に数百メートル離れた農地の十カ所以上で部品が見つかり、陸自が回収を進めている。南東約五百メートルの水路からはメインローターの羽根とみられる部品が見つかった。

 ヘリが制御を失い急角度で墜落する様子を捉えたドライブレコーダーの映像にも、機体本体とは別に落下する複数の物体が写っていた。

 小野寺五典(いつのり)防衛相は六日、記者団に「かなりの広範囲に部品が散乱している。事故原因の究明につながるものと考えている」と述べた。機体からフライトレコーダー(飛行記録装置)を回収したことも明らかにした。

 防衛省によると、ヘリは五十時間の飛行ごとに実施する定期整備に加え、千七百五十時間の総飛行時間を目安にメインローターヘッドを交換した。試験飛行のため、五日午後四時三十六分に目達原(めたばる)駐屯地を離陸し、付近上空を飛行。三十八分に管制官と交信後、駐屯地の管制の外に出るため南西に針路を取った。その後、管制官が目視でヘリの異常に気付き、四十三分に呼び掛けたが、応答はなかった。

 死亡したもう一人は副操縦士の高山啓希一等陸曹(26)で、死因は全身を強く打ったことによる外傷性ショックだった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報