東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

福井大雪 なお680台動けず 3市に災害救助法適用

大雪に見舞われ、福井県坂井市の国道8号で立ち往生する車の列=7日午後0時20分

写真

 記録的な大雪となった北陸地方では七日も断続的に雪が降り、福井市では午後九時現在、一四六センチを記録した。福井県などの国道8号で六日に発生した車の立ち往生は、七日夕に約六百八十台を数えた。陸上自衛隊は約九百人態勢で除雪作業を続けたが、解消のめどは立たず、二夜続けて車内で過ごさざるを得ない状況。県は大雪の被害が出ている福井、あわら、坂井の三市に災害救助法を適用した。

 同法適用は昨年十月の台風21号以来。救助費用の五割以上を国が負担する。

 県は七日、福井市で雪に埋もれた車の中で男性(50)が一酸化炭素(CO)中毒で死亡しているのが六日夜に見つかったと明らかにした。七日午前八時二十分ごろには、富山市で道路の除雪作業をしていた四十代の男性会社員がフォークリフトごと用水路に転落し死亡した。消防によると、転倒するなどして、福井、富山、石川の三県で少なくとも四十二人が重軽傷を負った。

 陸自などによると、六日午前に福井県あわら市と隣の坂井市の約十キロ区間で立ち往生した車は、ピーク時の約千五百台から四百台以下に減少。ただ、新たな立ち往生も発生したため、福井市からあわら市の約十七キロの区間で計約六百八十台が動けなくなっている。

 福井県は、体調不良を訴える人の手当てをするため福井、坂井両市に救護所を設置。坂井市の救護所には七日午後までに車中泊を強いられるなどして疲労を訴えた十五人が訪れた。他に人工透析に向かう途中だった七十代女性など三人が救急搬送された。

 石川県の小松空港では全四十二便が欠航したほか、能登空港でも数便が運航を取りやめた。金沢、富山両地方気象台によると、七日午後九時現在、金沢市で八七センチ、富山市で六一センチの積雪を記録した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報