東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

インフル282万人 3週連続最多 B型主流 3種流行 

写真

 厚生労働省は九日、全国の定点医療機関から四日までの一週間に報告されたインフルエンザ患者数は、一医療機関当たり五四・三三人で、過去最多だった前週の五二・三五人を上回ったと発表した。三週連続で最多を更新した。この数字を基に推計した全国の患者数は約二百八十二万人で、前週より八万人増え、大流行が続いている。

 直近五週間で検出されたウイルスは、例年二月ごろから増え始めるB型が半数を占め最も多い。A型はこれまでの主流で二〇〇九年に新型として流行したH1N1型をA香港型が追い抜いた。計三種類が流行する異例の事態となっている。

 厚労省は「これ以上感染拡大させないためにも、せきエチケットを徹底し、体調が悪ければ無理せずにしっかり休んでほしい」と呼び掛けている。

 都道府県別で報告数が最も多いのは大分県の七七・〇九人で、福岡県(六九・九六人)、埼玉県(六八・二九人)、神奈川県(六六・三一人)、高知県(六六・一九人)と続いた。全都道府県で三十人を超える警報レベル。

 年齢別の推計患者数は、五〜九歳が約六十二万人と最多、十〜十四歳が約四十三万人、〇〜四歳と四十代がそれぞれ約二十九万人と、若い世代が多かった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報