東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

日医大6.6億円申告漏れ 国税指摘 非課税制度の対象巡り

 学校法人日本医科大学(東京都文京区)が東京国税局の税務調査を受け、二〇一七年三月期までの七年間に計約六億六千万円の申告漏れを指摘されたことが十日、関係者への取材で分かった。同大は既に修正申告したとみられる。

 関係者によると申告漏れの多くは、非課税制度の対象になる公益目的の事業として申告した費用の一部が、課税対象の収益事業に関係するとみなされたものという。

 また、付属病院の医師を医療機関に派遣した際の謝礼などを法人の所得として計上していなかったとして、申告漏れ総額のうち約二千万円は仮装隠蔽(いんぺい)を伴う所得隠しと認定されたもようだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報