東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

女子 体力また最高 小5・中2男子は横ばい

写真

 スポーツ庁は十三日、小学五年と中学二年の全員を対象に実施した二〇一七年度全国体力テストの結果を公表した。小五女子は四年連続、中二女子は三年連続で、いずれも実技八種目の合計点の平均値が〇八年度の調査開始以降で最高を更新。体育の授業を除いた一週間の運動時間を「六十分未満」と答えた割合もここ数年で大きく減少した。小五と中二の男子の平均値はおおむね横ばいだった。

 運動習慣が少ない層は女子に多く、各地の学校では、休み時間に全校で外遊びをする活動を自治体と連携して実施したり、生徒会主催でレクリエーション大会を行ったりして、運動時間の確保に努めている。スポーツ庁は「こうした地道な取り組みが女子の結果を底上げし、平均値の上昇にもつながった」と分析している。

 合計点(八十点満点)の平均値は、小五女子が五五・七二点(前年度五五・五四点)、中二女子が四九・八〇点(同四九・四一点)。小五男子は五四・一六点(同五三・九三点)、中二男子は四一・九六点(同四二・〇〇点)だった。

 運動時間を「六十分未満」とした割合は、小五男子が6・4%、中二男子が6・5%だったのに対し、小五女子11・6%、中二女子19・4%で、女子が大きく上回った。ただ、女子はここ数年でこの割合が大きく減少しており、一三年度と比べると、小五で9・4ポイント、中二で10・4ポイントそれぞれ改善した。

 種目別の平均値をみると中二女子は、握力とボール投げの二種目を除きこれまでの記録を更新。小五女子も五十メートル走など四種目で過去最高だった。小五男子は上体起こしなど三種目で過去最高だったが、ボール投げは低水準。中二男子は前年度に続き握力とボール投げが過去最低となった。

 中二生が小五だった三年前の調査結果との比較では中学校への進学に伴い、運動時間が増加する生徒と減少する生徒が二極化し、女子は男子に比べ減少する生徒の割合が高かった。

 体育の授業などの充実に向けた工夫をしている学校ほど運動時間の改善がみられ、スポーツ庁の担当者は「競技性の高いスポーツでなく、楽しむことに重点を置いた『ゆるめの部活動』の設置も促していきたい」と話している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報