東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

藤井最年少V 六段に 朝日杯 棋戦記録63年ぶり更新

朝日杯将棋オープン戦で優勝し、トロフィーを手に笑顔の藤井聡太六段=17日、東京都千代田区で

写真

 将棋の中学生棋士の藤井聡太五段(15)が十七日、東京都内で行われた第十一回朝日杯将棋オープン戦の準決勝・決勝で、羽生(はぶ)善治二冠(47)=竜王、棋聖=、広瀬章人(あきひと)八段(31)を連破し、初優勝した。十五歳六カ月での公式棋戦優勝となり、加藤一二三(ひふみ)・九段(78)の最年少記録(十五歳十カ月)を六十三年ぶりに塗り替えた。中学生の棋戦優勝は初めて。 

 藤井五段は「五段昇段後に全棋士参加棋戦で優勝」の規定を満たし、即座に六段に昇段。加藤九段の十六歳三カ月を抜き、最年少昇段の新記録となった。今月一日に名人戦の予選に当たる「順位戦」の成績によって五段になったばかり。わずか十六日で五勝を挙げ、無敗のまま駆け上がった。

 朝日杯は持ち時間各四十分の早指し戦。全棋士とアマ強豪、女流棋士が参加する。今期が初参加の藤井六段は予選の一番下から破竹の十連勝で優勝を決めた。

 準々決勝では佐藤天彦(あまひこ)名人(30)、準決勝では羽生竜王という将棋界の「最高峰」とされるタイトルの保持者を盤石の将棋で下して、最後はA級棋士で元王位の広瀬八段にも完勝した。

◆さらに頑張りたい

<藤井聡太六段の話> (優勝という)大きな結果を残せたのは自信になりました。まだまだ足りないところは多いと思いますが、これを励みにさらに頑張っていきたい。羽生善治二冠は憧れの存在で、公式戦で対局するのが一つの夢だった。勝利を収めることができて感無量です。

<藤井 聡太(ふじい・そうた)> 2002年7月、愛知県瀬戸市生まれ。5歳で将棋を始め、12年9月、プロ養成機関の奨励会に入会。16年10月、加藤一二三・九段の14歳7カ月を62年ぶりに塗り替え、最年少の14歳2カ月でプロとなった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】