東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

78歳元特捜部長の車急発進 歩道の男性が死亡

金物店に突っ込んだ石川達紘弁護士が運転していた乗用車=18日、東京都港区で(佐藤伸弘さん提供)

写真

 十八日午前七時二十分ごろ、東京都港区白金六の都道で、元東京地検特捜部長の石川達紘(たつひろ)弁護士(78)=神奈川県鎌倉市梶原三=の乗用車が急発進して右側の歩道に突っ込み、歩いていた足立区東和四、建築業堀内貴之さん(37)が車と金物店のシャッターの間に挟まれて死亡した。石川弁護士も右足を骨折して入院した。警視庁高輪署は、石川弁護士の回復を待って自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで調べる。

 署によると、事故直前、車は道路脇に停車し、石川弁護士は運転席にいた。待ち合わせていた知人が荷物をトランクに入れようとした際、車が急発進した。

 堀内さんは近くの病院に入院中で、コンビニ店で買い物をして帰る途中だったとみられる。金物店は無人だった。現場は片側一車線の直線道路。

 石川弁護士は一九八九〜九一年に東京地検特捜部長を務めたほか、同地検次席検事時代にはゼネコン汚職事件を指揮。二〇〇〇〜〇一年には名古屋高検検事長を務めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報