東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

里見女流五冠が奨励会退会 四段届かず年齢制限

里見香奈女流五冠

写真

 将棋の女流棋士、里見香奈五冠(25)は十八日、大阪市の関西将棋会館で行われたプロ棋士養成機関「奨励会」の三段リーグで対戦成績が七勝九敗となり、年齢制限で残り二局を待たずに退会が決まった。

 里見五冠は奨励会を卒業してプロ棋士になる夢は絶たれたが、今後はプロ編入試験を受ける道が残されている。これまで、女性のプロ棋士は誕生していない。

 将棋のプロは棋士と女流棋士で制度が異なり、棋士になるには奨励会を卒業するか、プロ編入試験に合格するのが条件。里見五冠は今後、女流棋士枠のある公式戦に出場し、規定の成績を収めれば同試験を受けることができる。同試験は二〇〇六年に制度化。一四年、アマチュアだった今泉健司四段(44)が合格した。

 奨励会は二十六歳の誕生日までにプロ棋士の四段にならなければ原則として退会となるが、全十八局を戦う三段リーグで十勝八敗以上の成績を収めて勝ち越せば次も参加できる。三月に二十六歳となる里見五冠は同日の対局で二連敗し、勝ち越しの可能性がなくなった。

 里見五冠は〇四年、中学一年で女流棋士となり、第一人者として活躍。一一年、奨励会の編入試験に合格、一三年十二月に女性初の三段となった。

 奨励会を卒業するには年二回開催の最終関門三段リーグで、原則二位以内に入るのが条件。今回は三十六人が参加した。

◆最後までベストを

 奨励会幹事・北浜健介八段の話 挑戦がこういう形でついえたのは残念。ショックも大きいと思うが、まだ最終日が残されているので、最後の一局までベストを尽くしてほしい。

◆入会7年…体調不良響く

 女性初のプロ棋士を夢見て、奨励会で戦ってきた里見香奈女流五冠の退会が決まった。入会して約七年。女流タイトル戦を同時に戦いながら、最後の関門「三段リーグ」に、女性として初めて挑戦していた。

 女流プロとなり、タイトルを次々に獲得した。「出雲のイナズマ」と形容される終盤の強さは群を抜いていた。

 女流トップに立っても男性と同じ棋士への情熱を捨てることができず、「奨励会に入りたい」と当時の日本将棋連盟会長の故米長邦雄永世棋聖に申し入れた。当時は女流棋士と奨励会の掛け持ちは認められておらず、「タイトルを返上してもいい」と強い決意の上の直訴だった。

 その後、女流棋士との兼業が認められ、二〇一一年に入会。一三年十二月、三段に昇段したが、体調不良のためリーグ戦をいきなり三回連続で休場したのが惜しまれる。今後はプロ編入試験で棋士になる道が残されている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報