東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

千葉・印西 焼け跡に遺体 放火殺人疑いで16〜20歳の4人逮捕

焼け跡から遺体が見つかった火災現場を調べる千葉県警の捜査員=19日、千葉県印西市で

写真

 千葉県印西市の住宅で十七日夕、焼け跡から一人の遺体が見つかった火災があり、県警は十九日、殺人と現住建造物等放火の疑いで、いずれも職業不詳の仲内隼矢(じゅんや)容疑者(20)=東京都墨田区東墨田三=ら男女三人と、都内の少女(16)を逮捕した。

 他に逮捕されたのは、印西市草深、金崎大雅(たいが)容疑者(20)、住所不定の菅野弥久(みく)容疑者(20)。県警は十八日、印西署に捜査本部を設置した。四人の認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑では、共謀して十七日、印西市竜腹寺の木造プレハブ平屋建ての住宅に火を付け、一人を殺害したとされる。

 捜査本部によると、この住宅で一人暮らしの海老原よし子さん(55)の行方が分からなくなっており、遺体を司法解剖するなどして死因や身元の特定を急ぐ。

 出火当時、四人とも火災現場におり、十八日昼すぎ、静岡県富士市の道の駅の駐車場の車に一緒にいたところを、千葉県警の捜査員が発見した。四人は友人で、一部は海老原さんと面識があったとみられる。

 火災は十七日午後四時四十分ごろ発生。住宅約五十平方メートルが全焼した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報