東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

熊谷6人殺害 死刑求刑 弁護側「心神喪失」無罪主張

 埼玉県熊谷市で二〇一五年九月に六人が殺害された事件で、強盗殺人罪などに問われたペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)の裁判員裁判論告求刑公判が十九日、さいたま地裁(佐々木直人裁判長)で開かれた。検察側は「極めて残虐で、冷酷非道な犯行」として死刑を求刑。弁護側は最終弁論で「統合失調症の影響が非常に強く、心神喪失だった」として無罪を主張した。判決は三月九日。

 裁判は責任能力の有無や程度が争点となった。検察側は論告で「遺体を隠したり、血痕を拭き取ったりしたのは犯行発覚を免れる行為で、犯罪と理解していた」と指摘。「善悪の判断能力や行動制御能力に著しい低下はなく、完全責任能力があった」と述べた。

 弁護側は「妄想によって善悪の区別がつかず(犯行を)思いとどまれなかった疑いが残る」とした。最終意見陳述で被告は、裁判長にくり返し発言を求められたが、腕を組んだまま言葉を発さなかった。

 起訴状などによると、ナカダ被告は一五年九月十四〜十六日、熊谷市内の民家三軒に侵入し、田崎稔さん(55)と妻美佐枝さん(53)、白石和代さん(84)、加藤美和子さん(41)と長女美咲さん(10)、次女春花さん(7つ)=いずれも年齢は当時=を包丁で刺すなどし殺害。現金などを奪ったとされる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報