東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

さいたま市議「首つって死ね」 委員会の答弁に 取り消し謝罪

 さいたま市の吉田一郎市議(54)=無所属=が、二十日の市議会文教委員会で質問に答えた市立図書館長に「首をつって死ね」と発言していたことが二十二日、市関係者らへの取材で分かった。市議は二十一日の臨時委員会で発言を取り消して謝罪した。

 市関係者らによると、吉田市議は、市立図書館の文庫本の割合などについて利根川雅樹館長に質問。館長の答弁後、マイクが入っていない状態で発言した。市議は取材に「ちゃんとした答弁がないと感じ、かっとなってしまった。非常に不謹慎だった」と釈明した。

 利根川館長は「私も職員も大変ショックを受けた」と話している。吉田市議は二〇〇七年に初当選し、現在四期目。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報