東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

さあ行くんだ 新たな旅立ち「銀河鉄道999」 松本零士さん11年ぶり新作

写真

 漫画家の松本零士(れいじ)さん(80)=写真=が2007年から中断していた代表作「銀河鉄道999」の執筆を再開し、11年ぶりの新作が完成したことが23日、分かった。タイトルは「ドリームブラックホール」で、1970〜80年代に一大ブームを巻き起こした未完のSF大作が、新展開へ再始動する。

 同作は、機械人間が支配する未来が舞台で、主人公の少年、星野鉄郎が謎の美女メーテルと共に銀河超特急999号で宇宙を旅し、成長する物語。七七年から八一年まで「週刊少年キング」で連載、テレビアニメや劇場映画が大ヒットした。九六年に別の雑誌で続編が始まったが、連載三十周年を機に発表された十一年前の作品が最後となっていた。

 関係者によると、新作は銀河系内に出現した謎の「暗黒トンネル」を探るため、999号に乗り込んだ鉄郎とメーテルの「終わりのない旅の始まり」を計三十二ページにわたって描く。名脇役「車掌さん」のほか、「キャプテンハーロック」「クイーンエメラルダス」など“松本ワールド”の主要キャラクターが競演。精巧なメカデザインも健在だ。

 「『999』は終わりのない物語。しばらく停車していた999号が元気に発車しました」と松本さん。「新たな旅立ちの先に何が待つのか、私自身も楽しみ」とも話し、さらなる続編執筆に意欲を燃やしている。

 新作は、松本さんの生誕八十年を記念して二十八日に刊行される「松本零士 無限創造軌道」(小学館)に収録される。

◆気合を入れて描いた

<松本零士さんの話> 今回のエピソードには、子どもの頃から胸にある人生の夢や希望が詰まっています。もともと一つの物語から生まれたメーテルやハーロック、エメラルダスが一緒に未知の世界に向かう姿を描くことで、新たな旅の始まりを表現したかった。気合を入れて描きました。どうぞお楽しみください。

<まつもと・れいじ> 1938年福岡県生まれ。高校在学中の54年にデビュー。「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」など宇宙を舞台にした壮大なSF作品で知られる。2010年旭日小綬章、12年フランス芸術文化勲章シュバリエを受けた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報