東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

民泊施設に人の頭部 不明の27歳女性か

写真

 兵庫県三田市の女性会社員(27)が行方不明になり、監禁の疑いで米国籍のバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ容疑者(26)が逮捕された事件があり、県警は二十四日、大阪市西成区内の民泊施設で人の頭部を発見した。捜査一課は監禁・死体遺棄事件として三田署に捜査本部を設置。不明の女性の可能性があり、同容疑者が関与した疑いもあるとみて調べている。

 県警によると、西成区で見つかった人の頭部はスーツケースに入っていた。頭部以外の遺体は見つかっていない。

 捜査関係者によると、同容疑者は、監禁現場とされる大阪市東成区のマンションに他にも四、五人の女性を連れ込んでいた。県警は全員の無事を確認したという。

 マンションからは不明女性の運転免許証の一部が見つかった。女性の携帯電話の位置情報は、マンション付近で途絶えていることも分かった。

 また同容疑者は、マンションを離れる十八日までの数回にわたり、キャリーバッグを持ち外出した後、電車を使い移動し再び戻っていた。兵庫県警は、二人が一緒にいたとみられる十六日から十八日にかけての足取りを重点的に調べている。

 女性は写真共有アプリ「インスタグラム」に、同容疑者と待ち合わせしていることを示すとみられる「JAYと会う」との書き込みをしていた。

 同容疑者は一月末に入国した。民泊用の部屋がある東成区のマンションやその後に滞在したとみられる奈良県内の民泊施設を、外国人旅行者向けの検索サイトを利用し予約。民泊施設を拠点に行動していた可能性がある。

 マンション近くの防犯カメラには十六日未明、マンション方面に歩く二人とみられる人が写っていた。マンションの防犯カメラには、二人が入る姿が記録されている一方、女性が出る様子は確認されていないという。

 男は奈良の施設周辺で発見され、二十二日に逮捕された。兵庫県警は二十四日、監禁容疑で同容疑者を送検、現場のマンションにも捜査員が入り調べを続行した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報