東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「雪合戦」目指せ五輪 来年3月 長野で世界大会開催へ

昨年3月、白馬村ジャンプ競技場で開かれた日本雪合戦選手権大会の様子=日本雪合戦連盟提供

写真

 七人チームで競う「スポーツ雪合戦」の初の世界選手権を来年三月に長野県白馬村で開こうと、「日本雪合戦連盟」(長野市)が準備を進めている。国内だけでなく中国や香港など海外からも参加する見通し。日本連盟が今年五月、主催の母体となる世界連盟を立ち上げる。雪合戦を国際的なスポーツとして確立させ、冬季五輪の正式競技にするのが目標だ。 (林啓太)

 スポーツ雪合戦は選手七人の二チームが対戦し、縦十メートル、横三十六メートルのコートで雪玉を投げ合う。相手全員に雪玉を当ててアウトにするか、相手の陣地の旗を引き抜いたチームが勝ちとなる。

 三十年ほど前に北海道壮瞥(そうべつ)町の有志がルールを考案し、地域おこしのために大会を開いたのが始まり。その時の参加者らが全国に広め、一九九三年に日本連盟が設立され、現在は東京や長野、東北、九州など十三団体が所属する。選手はふだん会社勤めなどをしている人が多いという。

 冬季五輪の正式競技に採用されることを目指しており、世界選手権の実施はその足掛かり。来年三月の第六回日本雪合戦選手権に合わせて白馬村ジャンプ競技場で開催し、予選リーグと決勝トーナメントで「世界一」を決めることにしている。

 世界選手権の開催にあたり、日本連盟は北京の教育関連会社と協力。この会社が関わる小学生の野球クラブで雪合戦も教えており、成人への普及も図っているという。香港からもこの会社の関係で参加が見込まれている。

 日本連盟の高橋敏樹事務局長は「雪合戦を世界中に普及させるスタート地点に着きたい」と話す。

 一方、一三年には壮瞥町で現在の「国際雪合戦連合」が発足し、国内の五団体と海外十一カ国の団体が加わった。海外には同町の友好都市であるフィンランドのケミヤルビ市などを介して広がり、ノルウェーやカナダなどでも「Yukigassen」の競技名で親しまれている。庵匡(いおりただし)専務理事も「競技の認知度を高め、将来は五輪の正式競技にしたい」と意気込んでいる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報