東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

亀有の神社境内 こちら世界一パティシエの店

世界一に輝いた「ピクシー」(手前)など見た目も美しい「パティスリー ラ・ローズ・ジャポネ」のケーキ=東京都葛飾区で

写真

 ケーキ世界一に輝いた菓子職人の店「パティスリー ラ・ローズ・ジャポネ」が三月一日、東京都葛飾区の亀有香取神社の境内に移転オープンする。神社は人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」にも登場。地域に親しまれており、スイーツの香りでさらなる活気を狙う。 (神谷円香)

 店を出す五十嵐宏シェフ(45)は二〇一〇年、国際大会「ワールド・ペストリー・チーム・チャンピオンシップ」で日本チームを初優勝に導いた。その後、勤務していた一流ホテルを辞して独立。一二年に自宅近くの同区金町に同名の店を開いた。「下町で本物の味を」というコンセプトで人気だった。

 二年前、ケーキ店のファンだった同神社の唐松範夫宮司(41)が五十嵐シェフに出店を打診。神社は鎮座七百四十年記念事業の一環で境内を整備することになっていた。「老若男女が公園代わりに、日常的に来てくれる神社にしたい」と夢を語った唐松宮司に五十嵐シェフは「やるなら厨房(ちゅうぼう)を構え、シェフ自身がいる店にしないと。人生を懸けてやる」と応じたという。

鳥居の横にオープンする店の前で笑顔の唐松宮司(左)と五十嵐シェフ

写真

 金町の店を一月に閉め、移転する新店舗は社殿のすぐそば。カフェを備えたケーキ店でテラス席など二十席を設け、ケーキを焼く香りとともにお茶を楽しめる。開店に合わせてカステラを使った新商品を用意するという。五十嵐シェフは「地域にどっぷり染まった店にしたい。濃厚なボンボンショコラのようなイメージ」と腕まくりして語った。

     ◇

 店は3月1日正午にオープン。営業時間は午前10時〜午後7時。火曜定休、水曜不定休。問い合わせは同店=電03(5876)9759=へ。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報