東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

2日にかけ大雨の恐れ 太平洋側 強風やしけ警戒を

 急速に発達する低気圧の影響で、日本列島では二十八日昼すぎから三月二日にかけ、非常に強い風が吹き、海は大しけとなりそうだ。太平洋側を中心に大雨となる地域もあり、気象庁は暴風や高波、土砂災害への警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、前線を伴う低気圧が日本に近づいており、三月一日にはさらに発達しながら日本海を北東へ進む。低気圧から延びる前線は二十八日から三月一日にかけて西日本や東日本を通過する。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定となる。

 三月一日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道、東北、北陸、伊豆諸島二五メートル(三五メートル)、四国、近畿、関東二三メートル(三五メートル)、九州北部、中国、東海二〇メートル(三〇メートル)。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報