東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

がん10年 生存率55% 医療進歩 前回より改善

写真

 国立がん研究センターは二十八日、二〇〇一〜〇四年にがんと診断された人の十年生存率は全体で55・5%だったと発表した。昨年の調査より1・3ポイント上昇した。今後も新たな抗がん剤の開発など、医療の進歩で少しずつ改善していくとみられる。ただ喫煙対策や、早期発見のための検診受診率の向上が依然、課題となっている。

 全国二十施設で診断、治療を受けた約五万七千人のデータを集計した。

 部位別では、前立腺がん(92・4%)、甲状腺がん(86%)、乳がん(82・8%)などで比較的高かった。大腸がんの例では、がんが小さくとどまっている一期は90・8%だが、広がった四期では9・5%と、進行度により大きな違いもあった。

 十年生存率の発表は三回目で、今回から計算方法を変更した。昨年は〇〇〜〇三年に診断された人の生存率を58・5%と発表していたが、新たな方法で再計算すると54・2%となる。

 また、〇七〜〇九年に診断された人の五年生存率を三十二施設、約十三万人のデータから集計すると全体で67・6%で、昨年調査より0・1ポイント上昇。一九九七年の62%から徐々に改善する傾向がみられる。

 十年生存率と同じく前立腺がん(100%)や乳がん(93・5%)が高かったが、乳がんは五年後と十年後の開きが大きく、長期的な生存率の改善に課題を残している。

 全国がんセンター協議会のホームページでは施設別の生存率も公表している。アドレスは、http://www.zengankyo.ncc.go.jp/

 <がん生存率> がんと診断されてから一定の期間後に生存している確率。国立がん研究センターが発表する生存率は「相対生存率」で、がんと診断された際に治療でどれほどの人を救えたかの指標となる。例えば5年生存率では、日本人全体で5年後に生存している人と比べ、がんと診断された人で5年後に生きている人の割合がどれほど低いかを示す。100%に近いほど治療で救えたことになる。がんの部位や治療法、進行度ごとに集計し、治療効果の評価や早期発見に役立てる。10年生存率も公表している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報