東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ES細胞で網膜 光に反応 理研、失明マウスに移植

写真

 さまざまな細胞に変化する能力を持つ人の胚性幹細胞(ES細胞)から作製した網膜組織を、末期の網膜色素変性で失明したマウスに移植したところ、光に反応するようになったことが分かった。理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市)などのチームが一日付の米科学誌電子版に発表した。

 臨床応用への可能性を開く成果としており、有効性や安全性の研究をさらに進めるという。チームの万代道子・同センター副プロジェクトリーダーによると、網膜色素変性は光を受け取って神経細胞に伝達する視細胞が変性し、視力が失われていく。有効な治療法がないという。

 チームは、失明したマウスに、人のES細胞から作製した網膜組織を移植。すると、高い感度で光を捉えることを可能にする視細胞の「外節」という構造が形成された。移植した網膜を摘出し、細胞の活動を把握できるシステムで調べると、光に反応していることも確認できた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】