東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

辻一弘さんメーキャップ賞 米アカデミー賞 日本人初の栄誉

4日、米ハリウッドで、メーキャップ&ヘアスタイリング賞を受賞した辻一弘さん=AP・共同

写真

 【ロサンゼルス=共同】米映画界最大の祭典、第九十回アカデミー賞発表・授賞式が四日(日本時間五日)、米ハリウッドのドルビーシアターで開かれ、メーキャップ&ヘアスタイリング賞に「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」の辻一弘さん(48)=米国在住=ら三人が選ばれた。日本人の同賞受賞は初めて。

 登壇した辻さんは「うれしく思う。(映画主演の)ゲイリー・オールドマンさんに感謝している。夢がかなえられました」と話した。

 辻さんは、オールドマンさんを特殊メークでチャーチル元英首相そっくりに仕立てた。辻さんは一九六九年京都市生まれで、近年は現代美術家として活躍。米アカデミー賞の候補入りは二〇〇七、〇八年に次いで三度目だった。

 短編アニメ賞候補に挙げられていた桑畑かほるさん(36)=米国在住=と米国人の夫が共同監督した「ネガティブ・スペース」は受賞を逃した。助演男優賞は「スリー・ビルボード」のサム・ロックウェルさん、助演女優賞は「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」のアリソン・ジャネイさんが選ばれた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報