東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「ニュース女子」人権侵害を認定 BPOがMXに再発防止勧告

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は八日、昨年一月に沖縄県の米軍基地反対運動を取り上げた東京MXテレビのバラエティー番組「ニュース女子」について、番組で名前を挙げられた人権団体「のりこえねっと」の辛淑玉(シンスゴ)共同代表に対する名誉を毀損(きそん)する人権侵害があり、放送倫理上の問題もあったと認めた。その上でMXに委員会の決定内容を放送し再発防止に努めるよう勧告した。勧告は三段階ある委員会の判断で最も重い。

 番組は化粧品会社ディーエイチシー(DHC)の子会社のDHCテレビジョンが制作し、昨年一月二日と九日に放送された。委員会決定によると、番組は出演者のコメントやテロップで、辛さんについて「過激で犯罪行為を繰り返す基地反対運動の『黒幕』」「参加者に五万円の日当を出している」などと表現したが、これらに真実性の証明はなく、辛さんの社会的評価を低下させ、名誉毀損が成立すると結論づけた。

 また、番組が制作会社による「持ち込み番組」だとしてもMXが放送責任を負うとして、MXの事前の考査が不十分だと認定。人種や民族を扱う際に配慮を求めた日本民間放送連盟の放送基準にも反し、放送倫理上問題があったと認めた。

 番組の司会は本紙の長谷川幸洋論説委員(当時は論説副主幹)が務めており、同氏の発言についても放送基準を守ろうとする姿勢に欠けていたと指摘した。

 坂井真委員長は「番組の考査において、番組中で展開される批判の根拠となる事実が真実であるかどうか、適切な取材が行われたかどうか確認しないまま放送を行うことは許されない」とMXを批判した。

 番組を巡ってはBPOの放送倫理検証委員会が昨年十二月、事実の裏付けが不十分として「重大な放送倫理違反があった」とする厳しい意見を公表している。

◆真摯に受け止める

<東京MXテレビのコメント> 勧告を真摯(しんし)に受け止め、現在進めている再発防止策を着実に実行して、信頼される放送の推進に努めます。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】