東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

脱原発、諦めない 国会前集会

脱原発集会で登壇者に声援を送る参加者ら=11日午後、東京・永田町で

写真

 脱原発を訴える大規模な集会が11日、国会周辺であった。約5000人(主催者発表)が「福島の事故を忘れない」「原発やめろ」と声を張り上げた。

 毎週金曜日に首相官邸前で脱原発を訴え続ける「首都圏反原発連合」が主催した。国会正門前に設けたステージでは、認定NPO法人「いわき放射能市民測定室たらちね」(福島県いわき市)の鈴木薫事務局長が登壇。東京電力福島第一原発事故の直後から被災地の放射線量の調査などを続けており、「子どもたちの心と体の健康不安が続く。電気は必要だが、原発でなくていい」と訴えた。

 野党の国会議員も次々とマイクを握り、立憲民主、共産、自由、社民の4党で「原発ゼロ基本法案」を衆院に提出したことが報告されると、拍手がわいた。

 新潟市から駆けつけた主婦五十嵐ノブ子さん(69)は、地元で東電柏崎刈羽原発の再稼働に反対し、「脱原発へ、福島の皆さんと一緒に諦めず頑張りたい」。東京都八王子市の大学生尾林哲矢さん(20)は、「今も避難者は多く、原発再稼働はとんでもない」と話していた。 (山本哲正)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報