東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「もう7年、まだ7年」 東日本大震災追悼式 苦悩の被災者

政府主催の追悼式で献花し、手を合わせる人たち=11日午後、東京都千代田区の国立劇場で

写真

 東日本大震災は十一日、発生から七年を迎えた。関連死を含め、犠牲者は二万二千人以上。復興は道半ばで、東京電力福島第一原発事故の影響もあり、全国で約七万三千人が今なお避難生活を送る。「もう七年か、まだ七年か」。答えの出ない思いを抱え、被災者たちは一日一日を歩む。東京都千代田区の国立劇場では政府主催の追悼式が開かれ、遺族らは午後二時四十六分の地震発生時刻に合わせて黙とう。「あの日」に失った命へ思いをはせ、「忘れない」と誓った。

 追悼式には岩手、宮城、福島の被災三県の遺族や秋篠宮ご夫妻、安倍晋三首相ら約八百二十人が参列した。

 遺族代表で岩手県釜石市出身の磯崎一元(かずもと)さん(73)は津波で一人暮らしの母を亡くした。「笑顔が脳裏に焼き付いています」。時折祭壇に目をやり、かみしめるように話した。

 両親を失った宮城県松島町の小野寺秀俊さん(69)は「とてつもない試練だった」と振り返った。周囲の支援に感謝し「ありがとうの言葉を胸に、前へ進む」と述べた。

 福島県相馬市で民宿を営んでいた五十嵐ひで子さん(70)は夫と叔父を亡くした。「もう七年なのか、まだ七年なのか、いくら考えても答えが出ません。想像などできない、絶望の淵に立たされた」と声を震わせた。震災を風化させまいと、今は語り部として教訓を伝える。「震災で学んだことは忘れてはいけない」と決意を新たにした。

 安倍首相は式辞で「大きな犠牲の下に得られた貴重な教訓を胸に刻みながら、防災対策を不断に見直す」と強調。秋篠宮さまは「避難生活が長期化する中で、高齢者をはじめとする被災者の心身の健康のことは、深く心に掛かります」と気遣われた。

 復興庁によると、震災関連死は昨年九月末時点で三千六百四十七人。

写真

◆健診中の病院で両陛下も黙とう

 天皇、皇后両陛下は十一日、陛下の定例健康診断のためにそろって訪れていた宮内庁病院で発生時刻に合わせて黙とうされた。宮内庁侍従職が明らかにした。

 両陛下は発生五年の節目だった二〇一六年まで、政府主催の追悼式に毎年出席していたが、昨年からは、秋篠宮ご夫妻が足を運び「お言葉」を述べている。

 発生十年の節目となる二一年には、新天皇、皇后となっている皇太子ご夫妻の出席が検討されることになるという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報