東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

朝霞少女誘拐 懲役9年 完全責任能力認める

寺内樺風被告

写真

 埼玉県朝霞市の少女(17)が二〇一六年三月、二年ぶりに保護された誘拐事件で、未成年者誘拐や監禁致傷などの罪に問われた寺内樺風(かぶ)被告(25)=千葉大を休学扱い=の裁判で、さいたま地裁(松原里美裁判長)は十二日、「犯行は卑劣で悪質」として懲役九年(求刑懲役十五年)の判決を言い渡した。

 松原裁判長は判決理由で「心身ともに成長する貴重な時間を奪われた被害者の打撃は想像を絶する」と非難。「発覚を免れるために工作し、高い計画性があった。善悪の判断能力などが著しく減じていたとは考えられない」として、完全責任能力を認定した。

 一方で、少女が一人で被告宅を一時抜け出していたことから「拘束は緩やかで、監禁中の加害行為も認められず、求刑は重過ぎる」と述べた。

 これまでの公判で、被告は起訴内容をおおむね認め、裁判は責任能力の程度が争点だった。弁護側は「犯行は統合失調症による状態で行われた。責任能力は限定的だ」と、心神耗弱による減軽を求めていた。

 判決によると、寺内被告は一四年三月、朝霞市で少女を車に乗せて誘拐。一六年三月まで千葉市や東京都中野区の自宅アパートで監禁し、重度の心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負わせた。

 判決公判は昨年八月にも開かれたが、寺内被告が不規則な発言を繰り返したため、期日が半年以上延期されていた。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報