東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

市川市長選再選挙 来月22日に投開票 全員再出馬へ

 立候補した五人がいずれも法定得票数(有効投票総数の四分の一)に達しなかった千葉県市川市長選の再選挙日程が十四日、四月十五日告示、同二十二日投開票で確定した。二件の異議申し出を棄却した市選挙管理委員会の決定に対し、県選管への審査申し立てが期限の十三日までになかった。

 総務省によると、首長選の再選挙は全国で六例目。昨年十一月の市川市長選では、元衆院議員や元県議、市議ら五人が出馬。選挙後に、選挙の無効を求める有権者二人の異議申し出があったが、市選管は二月十九日、棄却していた。前市長が昨年十二月二十四日に任期満了で退任して以降、市長不在が長期化している。

 前回の市長選に出馬した五人は取材に対し、いずれも「再選挙に向けて出馬の準備を進めている」と答えている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報