東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

巡査、交際暴力団員に情報 新宿署、書類送検 停職6カ月、辞職

 暴力団組員と交際し、捜査情報を漏らしたとして、警視庁は十九日、新宿署留置管理課の女性巡査(23)を地方公務員法違反の疑いで書類送検し、停職六カ月の懲戒処分にした。巡査は同日付で辞職した。

 人事一課によると、同署組織犯罪対策課で勤務していた昨年十二月中旬、交際相手だった三十代の暴力団組員の男から「自分が捜査対象になっている事件はあるのか」と聞かれ、自分の携帯電話を使って事件名や捜査状況を伝えた。「情報を教えれば、組員が二人の交際を黙っていてくれるのではないかと思った」と、情報漏えいを認めているという。

 巡査は署が取り扱った事件で組員と知り合い、昨年十一月に交際に発展した。組員が関与した路上でのトラブルを署が捜査していたため、「交際が発覚したら、警察官を続けられなくなると思った」としている。

 警視庁の土屋暁胤(あきつぐ)警務部参事官は「警察に対する信頼を失墜させる行為。人事管理、業務管理を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報