東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

地下鉄サリン23年 「長くたったが、毎年同じような気持ち」 霞ケ関駅で献花

東京メトロ霞ケ関駅で献花する遺族の高橋シズヱさん=20日午前、東京都千代田区で(代表撮影)

写真

 十三人が死亡、六千人以上が負傷した一九九五年のオウム真理教による地下鉄サリン事件から二十日で二十三年となった。多数の被害が出た東京メトロ霞ケ関駅(東京都千代田区)で遺族や駅員が黙とうや献花をした。

 同駅助役だった夫の一正さん=当時(50)=を亡くした高橋シズヱさん(71)は献花後に取材に応じ、「二十三年とずいぶん長くたったが、毎年毎年同じような気持ちで来ている」と涙ながらに話した。

 事件発生時刻に近い午前八時には、駅員十六人が黙とう。同社は「今後とも安全を守り、安心して利用してもらえるよう社員一丸となっていっそう努力していく」とのコメントを発表した。

 今年一月に一連の事件の全ての刑事裁判が終結。元代表麻原彰晃(しょうこう)死刑囚(63)=本名・松本智津夫(ちづお)=ら十三人の死刑が確定している。法務省は今月十四、十五日に死刑囚七人を東京拘置所から別の拘置施設に移送した。

 <地下鉄サリン事件> 1995年3月20日午前8時ごろ、周辺に警視庁や中央省庁が集まる営団地下鉄(現東京メトロ)霞ケ関駅を通る3路線5車両で猛毒のサリンがまかれ、13人が死亡、6000人以上が重軽症を負った(警察庁調べ)。刑事裁判で、オウム真理教の教祖麻原彰晃死刑囚が、間近に迫った強制捜査を阻止しようと阪神大震災に匹敵する大惨事を起こし都心部を大混乱に陥れるために企てたと認定された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報